世界一やさしいデータ分析教室

オーブンソースデータなどWeb上から入手できるデータを用いて、RとPython両方使って分析した結果を書いていきます

shinyjquiライブラリでテーブル作成時に便利な関数

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の24日目の記事です。


そして、Shiny100本ノックの第41弾です。

前回、shinyjquiライブラリについて紹介しました。
www.randpy.tokyo

今回は、shinyjquiライブラリの中から、table作成時に便利な関数をいくつか紹介します。


今回作ったアプリ

f:id:gl2000-sans:20181225140627p:plain

画面上のテーブルでは、行を選択して自由に順番を変更できるようなテーブルになってます。画面下のテーブルでは、表内の値を選択できるようなテーブルになってます。

今回使ったコード

app.R

library(shiny)
library(shinyjqui)

ui <- fluidPage(
  titlePanel("sort table"),
  sortableTableOutput("sort_table"),
  hr(),
  titlePanel("select table"),
  selectableTableOutput("select_table", selection_mode = 'cell'),
  verbatimTextOutput("selected_cell")
)

server <- function(input, output) {
  output$sort_table <- renderTable(head(iris), rownames = TRUE)
  output$select_table <- renderTable(head(iris))
  output$selected_cell <- renderPrint({input$select_table_selected})
}

shinyApp(ui, server)

まず、ソート可能なテーブル作成にはsortableTableOutput()を使用するだけです。

選択可能なテーブル作成には、selectableTableOutput()を使用します。
オプションとして、selection_mode = 'cell'とすることで、セル単位で選択することが可能になります。選択された行、列番号の取得には、selectableTableOutput(id)で指定したidに_selectedをつけることで、取得できます。

今回の場合は、select_tableをid名としているので、select_table_selectedとすることでデータの参照が可能になります。

終わりに

今回は、shinyjquiのテーブル作成時に便利な関数を紹介しました。よかったら自分のアプリに組み込んでみてはいかがでしょうか。