Np-Urのデータ分析教室

オーブンソースデータなどWeb上から入手できるデータを用いて、RとPython両方使って分析した結果を書いていきます

非エンジニアから「CNNって何よ」って聞かれたら、とりあえずこう説明したらいいんでない?という話

タイトルの通り、「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)って何よ」とざっくりと質問された時に、自分だったらざっくりとこう説明してあげる、というのをまとめます。この記事で説明している内容は、以下を元にしているので、よろしければ是非。Pythonと実…

『Pythonと実データで遊んで学ぶ データ分析講座』という書籍を執筆しました

久しぶりの記事更新です…。というのも理由がありまして。 この度、『Pythonと実データで遊んで学ぶ データ分析講座』という書籍を発売することになりました!!Pythonと実データで遊んで学ぶ データ分析講座作者: 梅津雄一,中野貴広出版社/メーカー: シーア…

R Shiny advent calendar 2018を終えて

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の25日目の記事です。今年も無事にR shiny advent calendarが終わったということで、振り返って行きたいと思います。振り返り昨年に引き続き、今年もR shinyのカレンダーを作らせて頂き、多くの方にご参加いただきまし…

shinyjquiライブラリでテーブル作成時に便利な関数

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の24日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第41弾です。前回、shinyjquiライブラリについて紹介しました。 www.randpy.tokyo今回は、shinyjquiライブラリの中から、table作成時に便利な関数をいくつか紹介します…

ShinyでJQuery を使うための、shinyjquiライブラリの導入

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の22日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第40弾です。今回は、Shinyにjqueryを導入してみます。shinyjquiライブラリJQueryを使うためのshiny用のライブラリとして、shinyjquiがあるため、今回はそちらを利用し…

ShinyとGoogle PageSpeed Insights API を連携してみる【番外編】

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の20日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第39弾です。前回まで、3記事連続でGoogle PageSpeed Insights API とShinyを連携させて簡単アプリケーション作りをしてみました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyo …

ShinyとGoogle PageSpeed Insights API を連携してみる【後編】

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の19日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第38弾です。前回・前々回と、ShinyとGoogleのPageSpeed Insights APIを連携してみました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyoただデータを取得して表示するだけだと、…

ShinyとGoogle PageSpeed Insights API を連携してみる【中編】

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の17日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第37弾です。前回、Rコンソールから、GoogleのPageSpeed Insights APIを叩いてみました。 www.randpy.tokyo今回は、本題のShinyアプリケーション作りに入ります。アプリ…

ShinyとGoogle PageSpeed Insights API を連携してみる【前編】

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の16日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第35弾です。今回から数回に渡り、Google PageSpeed Insights API とShinyを連携させてアプリケーションを作ってみます。 本記事では、 PageSpeed Insightsの説明からAP…

shinyWidgets ライブラリを使って変わったUIを作成する

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の11日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第34弾です。今回は、shinyWidgets というライブラリを使って、素のShinyアプリケーションとは違うUIを作ってみます。shinyWidgets の導入shinyWidgets を使うことでは…

GKE(Google Kubernetes Engine)でオリジナルのShinyアプリケーションを公開する

本記事は、Shiny Advent Calendar 2018の10日目の記事です。そして、Shiny100本ノックの第33弾です。今回は、GKE(Google Kubernetes Engine)上でShinyアプリケーションを動かしてみます。GKE(Google Kubernetes Engine)について以前こちらの記事で、GKE…