これで無理なら諦めて!世界一やさしいデータ分析教室

オーブンソースデータなどWeb上から入手できるデータを用いて、RとPython両方使って分析した結果を書いていきます

RとShinyで作るWebアプリケーション - CSS・Javascript・画像の設定方法-

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の2日目の記事です。



今回は、Shiny100本ノックの第6回目となります。

前回は、第5回目にして「Shinyとは?」という何とも第1回目にやれよ的な記事を書きました。
www.randpy.tokyo

今回はそこから少し発展させ、Webアプリケーションとしての見栄えをよくするための、CSSファイル・Jacascriptファイル・画像の設定方法について紹介します。

なお、本記事で紹介するソースコードは、Githubにも置いてあります。そちらもご覧ください。
github.com

ファイルの置き場所

前回紹介した通り、Shinyの基本構造は

  • ui.R
  • server.R

の2つからなります。

この2ファイルを同じディレクトリに配置することで、Rが「お、これはShinyアプリケーションだな!」と認識してくれます。

もしCSSやJavascriptファイル、また画像などを用いたい場合は、ui.R・server.Rファイルと同じディレクトリに、「www」というディレクトリを作りその下に配置します。

つまり、
shiny_directory
ー ui.R
ー server.R
ー www
 - sample.css
 - sample.js
 - sample.jpg

という構造になります。

導入方法

前節で、ファイルの置き場所を説明したので、本節では具体的にCSS・Javascript・画像ファイルを導入してみましょう。

用いる、ui.Rとserver.Rですが、前回説明した以下を用いることにします。

ui.R

library(shiny)

shinyUI(fluidPage(
  
  titlePanel("Old Faithful Geyser Data"),

  sidebarLayout(
    sidebarPanel(
       sliderInput("bins",
                   "Number of bins:",
                   min = 1,
                   max = 50,
                   value = 30)
    ),
    
    mainPanel(
       plotOutput("distPlot")
    )
  )
))

server.R

library(shiny)

shinyServer(function(input, output) {
   
  output$distPlot <- renderPlot({
    
    x    <- faithful[, 2] 
    bins <- seq(min(x), max(x), length.out = input$bins + 1)
    
    hist(x, breaks = bins, col = 'darkgray', border = 'white')
    
  })
  
})

こちらを立ち上げて、下のような画像が表示されていればOKです。
f:id:Np-Ur:20171129092846p:plain

画像ファイルを設置

一番簡単な画像ファイルの設置からやってみましょう。

イメージとしては、以下のようにアイコンが表示されるようにしてみます。
f:id:Np-Ur:20171129093827p:plain

まずui.R・server.Rと同じ階層にwwwディレクトリを作成してください。
作成できたら、お好きな画像をwwwディレクトリの下に移動させましょう。

特に好きな画像がなければ,本サイトのアイコンを使ってみてください。
f:id:Np-Ur:20171129094041j:plain

画像が設置できたら、ui.Rを以下のように変更させましょう。

library(shiny)

shinyUI(fluidPage(
  
  titlePanel("Old Faithful Geyser Data"),
  
  sidebarLayout(
    sidebarPanel(
       sliderInput("bins",
                   "Number of bins:",
                   min = 1,
                   max = 50,
                   value = 30), #カンマを追加
       img(src="profile.jpg", height = 70, width = 90) #ここを一行追加
    ),
    
    mainPanel(
       plotOutput("distPlot")
    )
  )
))

画像を呼び出す際は、img(src = "ファイル名", height="高さ", width = "幅")のように書いてあげればOKです。
htmlをよく書かれる方は、それと一緒なので分かりやすいと思います。

ui.Rを書き換えて、先ほどのような表示になっていれば画像設置完了です!

CSSファイルを設置

画像ファイル設置に続きまして、CSSファイルも導入していきましょう。

イメージとして、以下のように背景の色を変えて表示させてみます。
f:id:Np-Ur:20171129095721p:plain

まず、先ほど作ったwwwディレクトリに下に、style.cssという名前で以下の内容をコピペして保存してください。

body {
  background-color:#b0c4de;
}

次に、ui.Rを編集し、上で作ったcssファイルを読み込むための設定を追加します。

library(shiny)

shinyUI(fluidPage(
  tags$head(tags$link(rel = "stylesheet", type = "text/css", href = "styles.css")), #ここを追加
  titlePanel("Old Faithful Geyser Data"),
  
  sidebarLayout(
    sidebarPanel(
       sliderInput("bins",
                   "Number of bins:",
                   min = 1,
                   max = 50,
                   value = 30),
       img(src="profile.jpg", height = 70, width = 90)
    ),
    
    mainPanel(
       plotOutput("distPlot")
    )
  )
))

htmlを書く際に、外部のcssファイルを読みたい場合は、

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

のようにheadタグ内に書くと思います。

それをShinyで書くと

tags$head(tags$link(rel = "stylesheet", type = "text/css", href = "styles.css"))

こうなります。

こちらを保存して、再度Shinyを立ち上げ、背景色が変わっていれば完了です!

Javascriptの導入

最後にJavascriptの導入方法を紹介します。といっても流れは画像ファイルやCSSファイルのときと一緒です。

サンプルとして、「赤」「青」「緑」「リセット」という文字リンクをクリックすると、背景色が変わるというものを作ってみます。
f:id:Np-Ur:20171201003318p:plain

CSSファイル同様、wwwディレクトリ下に、color_change.jsという名前で以下の内容をコピペし保存してください。

function changeBG(color) {
  document.body.style.backgroundColor = color;
}

これは、changeBGという関数が呼ばれたときに、その引数に従い背景色を変更する処理を意味しています。
シンプルなので、Javascriptに馴染みが無い方も、コードを読めば何となくやりたいことがわかるかと思います。

保存できたら、ui.Rを以下のように修正してください。

library(shiny)

shinyUI(fluidPage(
  tags$head(tags$link(rel = "stylesheet", type = "text/css", href = "styles.css"),
            tags$script(src = "color_change.js")),#追加
  titlePanel("Old Faithful Geyser Data"),
  
  sidebarLayout(
    sidebarPanel(
       sliderInput("bins",
                   "Number of bins:",
                   min = 1,
                   max = 50,
                   value = 30),
       img(src="profile.jpg", height = 70, width = 90),
       ## 以下追加
       a(href = "javascript:changeBG('red')", "赤"),
       a(href = "javascript:changeBG('blue')", "青"),
       a(href = "javascript:changeBG('green')", "緑"),
       a(href = "javascript:changeBG('#b0c4de')", "リセット")
    ),
    
    mainPanel(
       plotOutput("distPlot")
    )
  )
))

まず、先ほどCSSファイルでやったのと同様に、

 tags$script(src = "color_change.js")

を追加することで、外部のJavascriptファイルを呼び出すことができます。

あとはクリックしたときに、作成したchangeBG関数が呼び出されるように、

       a(href = "javascript:changeBG('red')", "赤"),
       a(href = "javascript:changeBG('blue')", "青"),
       a(href = "javascript:changeBG('green')", "緑"),
       a(href = "javascript:changeBG('#b0c4de')", "リセット")

このあたりを追加すればOKです。

「赤」という文字をクリックしたときにはredという引数、「青」という文字をクリックしたときにはblueという引数を渡すという、非常にシンプルな処理です。

さて、これらを保存して再度Shinyを立ち上げてみましょう。
「赤」「青」「緑」「リセット」という文字をクリックしたときに、背景色が変更されれば完了です!

まとめ

今回は、Shinyの見栄えをよくするための、CSS・JS・画像ファイルの設定方法についてまとめました。
ここで紹介したのは非常にシンプルな例なので、それぞれオリジナルのものに書き換えて、カッコよくしてみてくだささい!

なお、自分で細かくカスタマイズしなくても、Shiny用のテーマやJavascriptライブラリが色々作られていますので、それを最初から使うという手もあります。
機会があれば紹介しようと思いますので、お楽しみに!!