これで無理なら諦めて!世界一やさしいデータ分析教室

オーブンソースデータなどWeb上から入手できるデータを用いて、RとPython両方使って分析した結果を書いていきます

Shiny100本ノック!初級者から上級者まで使えるテクニックを一挙公開

Rを使ってWebアプリケーションが簡単に作れるShinyライブラリ。そんなShinyに関する記事を100本執筆します。目指すは書籍化!!!

【Shiny小技】グラフをダブルクリックすると情報が取得できる、dblclickOptsの紹介

久しぶりの記事更新です。 かれこれ1カ月空きましたが、今後も続けていきますよーっと。今回は、Shiny100本ノックの第26弾です。 どんどんペースが落ちてきているこの100本ノック…。冨樫先生のハンターハンターが完結するまでには終わらせてやります。さて、…

【R Shiny 小技】便利なDT::renderDataTableのオプション・拡張機能を使いこなす

Shiny100本ノック第25弾です。 今回は、データテーブルを表示する機能の、DT::renderDataTableメソッドの紹介をします。DT::renderDataTableメソッドは、本ブログでも以下の記事にて登場しました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyoいくつか便利なオプショ…

R shiny Advent calendarを終えての所感

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の25日目の記事です。今日はR Shiny Advent Calendar最終日ということで、この1ヶ月を振り返ってみたいと思います。振り返り11月にR Shinyのカレンダーを作り、募集をかけてみたものの中々参加者が増えず、初めはどうな…

Shiny100本ノック!RユーザーのためのTips集

本ブログではShiny100本ノックと称して、Shinyに関する情報をまとめています。書きたい順で記事を執筆していっているので、情報が乱雑してしまっています……。そこで本記事では、過去に紹介してきた事柄をまとめることにしました。Shinyに関して困ったことが…

AWS + Shiny ServerでShinyアプリケーションを公開する方法

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の22日目の記事です。Shiny100本ノックの第22弾です!これまで、下記記事などでShinyアプリケーションを「どうやって作るか?」ということを中心に行ってきました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyo今回は、作ったア…

Docker を使ってShinyライブラリなど含むR環境を構築してみる

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の21日目の記事です。Shiny100本ノックもかれこれ第21弾となりました。今回はDockerを使った環境構築周りについて、紹介します。面倒な環境構築Shinyを使うために、多くの方は手元のPCにRやRstudioをインストールし、そ…

Shiny上で作ったファイルをダウンロード! downloadButtonメソッドの使い方

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の20日目の記事です。Shiny100本ノックも区切りの良い第20弾となりました!第19弾の前回は、Shiny上でクラスタリングを行うアプリケーションを作ってみました。 www.randpy.tokyo こんな風にShiny上で色々データをいじ…

Shinyでクラスタリングの楽しさを体感できるアプリケーション制作

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の19日目の記事です。Shiny100本ノック第19弾!今回は、データ分析のあまり経験が無い人に、クラスタリングの面白さを体験してもらえるようなアプリケーションを作ってみます。shinyapps.ioに上げてみました。試してみ…

Shinyを効率よく使うための、reactive関数基礎講座

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の18日目の記事です。Shiny100本ノック第18弾です!そんな今回は、reactive関数を使ってShinyアプリの効率化を図って行きたいと思います。アプリを動かす上で、なるべく計算負荷を減らして効率化させることはとても大事…

【R Shiny】基本となるUIのoutput関数を網羅的に理解する!

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の17日目の記事です。今回はShinyノック第17弾ということで、output関数を一挙に紹介していきたいと思います。 特にShinyを始めたばかりの方に、辞書的に活用して頂ければ幸いでございます。そもそもShinyって何?とい…

【R Shiny】fileInputメソッドでファイルアップロード&散布図プロット

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の15日目の記事です。Shiny100本ノックも気付けば第16弾まできました。今回は、Shinyアプリケーションにファイルをアップロードする機能の実装方法について紹介します。第11弾・第12弾にて、ドラッグ&ドロップによるフ…

ShinyでGoogleスプレッドシートにアクセス【番外編】 ローカル上で事前認証してみる

本記事は、R Shiny Advent Calendar 2017の14日目の記事です。Shiny100本ノック第15弾です。前回は、ShinyからGoogle スプレッドシートにアクセスするアプリケーションを作成しました。 www.randpy.tokyoGoogleアカウントと連携する必要があるのですが、前回…

ShinyでGoogleスプレッドシートにアクセスするアプリケーション作成

本記事は、R Shiny Advent Calendar 2017の13日目の記事です。Shiny100本ノック第14弾の今回は、GoogleスプレッドシートにアクセスするShinyアプリケーションを作成してみたいと思います。スプレッドシートにアクセスできるようになると、 Googleスプレッド…

R Shinyでドラッグ&ドロップ番外編 画像ファイルを読み込んで表示する

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の12日目の記事です。 今回は、Shiny100本ノックの第13弾です。前回・前々回と、Drag&DropでShiny上にデータを読み込み、そのデータをプロットしてみる、ということを実践しました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyo…

【R Shiny】Drag & Dropでアップロードしたファイルを元にプロットしてみる

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の9日目の記事です。 Shiny100本ノックの第12弾です。前回は、Drag&DropでShiny上にデータを読み込む機能を作ってみました。 www.randpy.tokyo今回はその続編!ということで、読み込んだデータを元にプロットをしてみま…

【R Shiny】ドラッグ&ドロップでファイルをアップロードする方法

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の8日目の記事です。 Shiny100本ノックの第11弾です。今回は、手持ちのデータファイルをドラッグ&ドロップでShinyアプリに読み込ませる機能を実装してみたいと思います。 github.com ソースコードはいつも通り、Github…

R+ShinyでGoogle Mapをいじるアプリケーションを作ってみる

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の7日目の記事です。 Shiny100本ノックも第10弾となりました。そんな区切りの今回は、Google Mapの地図をいじるShinyアプリを作ってみたいと思います。機能としては、 検索した場所をプロットする 2点間の距離を求める …

簡単にShinyのデザインをカッコよく変身! Shiny themesライブラリのすすめ

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の6日目の記事です。 Shiny100本ノックもかれこれ第9回目となりました。体感的には74本は更新しているのですが、まだ9本かと思うとなかなかゾッとします…笑さて、今回はShinyのデザインをカスタマイズするときに便利な…

R ShinyのtabsetPanelを使って複数のタブを持つページを作る

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の5日目の記事です。 Shiny100本ノック、第8回目となります。Shiny100本ノックの前に「そもそもShinyってなんだよ」という方は以下を読んでみてください。 www.randpy.tokyo前回は、navbarPageメソッドを使って複数ペー…

R Shinyで簡単にナビゲーションバーのUIを作る方法と実例を紹介

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の3日目の記事です。 今回は、Shiny100本ノックの第7回目となります。Shinyって何?ということはまず以下を読んでみてください。 www.randpy.tokyoShinyでは、レイアウトを色々自由に変更するためのメソッドが事前に用…

RとShinyで作るWebアプリケーション - CSS・Javascript・画像の設定方法-

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の2日目の記事です。 今回は、Shiny100本ノックの第6回目となります。前回は、第5回目にして「Shinyとは?」という何とも第1回目にやれよ的な記事を書きました。 www.randpy.tokyo今回はそこから少し発展させ、Webアプ…

Shinyって何? ~Rで簡単にアプリケーションを実装する方法~

本記事は、Shiny Advent Calendar 2017の1日目の記事です。 これまでShiny100本ノック、ということでShinyの実装例を紹介してきました。が、いきなり応用編に突入してしまいましたので今回は原点回帰!「Shinyって何なの?」について紹介していきたいと思い…

【Shiny100本ノック No.4】Google Data Studio的な機能+PowerPointでダウンロードできるアプリを作る

Shiny100本ノック、4回目の公開となります。さて、No.1 ~ No.2ではGoogleアナリティクスのデータをAPI経由で取得して、グラフ可視化するところまでやりました。 www.randpy.tokyo www.randpy.tokyo No.3では、グラフの見た目をインタラクティブに変更して、…

【Shiny100本ノック No.3】ggplotグラフをインタラクティブに作成してPowerPointダウンロードまで行う

Shiny100ノックもなんと今回で3回目。 2回で挫折するかと思いましたが、皆様の応援もあってあと4回くらいは続けられそうです。さて、前回と前々回ではGoogleアナリティクスのデータをAPI経由で取得して、グラフ可視化するところまでやりました。 www.randpy.…

【Shiny100本ノック No.2】Google Data StudioもどきをRで作る

記念すべきShiny100ノックの第1回を執筆してから3週間近くたってしまいました。ちょっと忙しくて更新が止まってしまっていましたが、今後は週1本以上の更新ペースで頑張って執筆していくので、皆さま応援お願いします。さて、前回は皆大好き(?)Google ア…

【Shiny100本ノック No.1】RユーザーならGoogle のQuery Explorerは自分で作るべし!

記念すべきShiny100本ノックの第1弾です。Shinyの記事を100本書いたら、どこかの誰かが書籍化の話しを持ってきてくれると信じています。 本当に書籍化が実現するのか、15本ぐらい書いた時点で挫折してしまうのか、皆さんお楽しみにしていてください。Shinyに…